Blog

祝!熊本市動植物園 全面開園

熊本地震からの復旧を終え、

地震から2年8ヶ月ぶりに全面開園した

熊本市動植物園。

小雨降る中、友達や子ども達と

行ってきました^_^

元気いっぱいな動物達。

松本獣医師に解説していただきました!

人工飼育のシシオザル。

松本獣医師が近づくと、嬉しそうに

寄ってきました。集団生活に慣れさせる為

訓練中だそう。

園内は、イラストレーター

コーダヨーコさんの絵と面白い解説つき。

動物資料館では、動植物園の動物たちを

モチーフにしたアート作品が。

今年度中は、コーダさんをはじめ

アーティストのADOさんや、

花巻チコリさんの作品も見られます。

コーダさん(右)

写真家の尾崎たまきさん(左から2番目)

動植物園の松本さんと。

皆さんは、熊本市動物愛護センターを

取材していた時からとてもお世話に

なっています。会えて嬉しかった!

キンシコウは、日本では

熊本市動植物園でだけ見られます。

あの大先生のイラストも。

(本物撮るの忘れた、、、)

そしてそして!

私たちにとって、懐かしのミラーハウスや

1回20円!の遊具もまだ健在!笑!

大人も子どもも楽しみながら学べる

熊本市動植物園。

楽しかった!また行こうっと^_^

Comments

  1. しゅう より:

    あのゲームコーナーまだあるんですか!

  2. 松本 公重 より:

    70才、団塊の世代の男性です。熊本地震まで「医薬品製造業」をしておりました。
    別に特に生活には困っておりませんので、無給で結構です。スーパーボランティアのObataさんほどの体力も気力もありませんが、私の2度の奇異な結婚生活がお役に立てばと思っています。
    GoogleやYahooの検索に私の名前を入れれば、私の情報が残っています。Mika様のようにWikipédiaに載るほどの人間ではありませんが、何かのお役に立ちたいと思っております。根性で生きても後5年か10年頑張ります!!

  3. 追記致します。
    私も、45才の時、直腸ガンの大手術をしており(5年生存率20%)ガン患者さんのお気持ちが良く解ります。そう言った点でも、アドバイスが可能です。

    以前、クラウンの事で投稿した事があります。天涯孤独の身の上ですが、だからこそ見える事もあります。
    よろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA