Blog

アデレード通信⑩

こんにちは。アデレードからErikoです。

日本はまだまだ大雨が続いているようですね。特に九州…心が痛みます。どうぞ皆さん、くれぐれもご自身の安全第一でお過ごし下さいませ。

さて今日はオーストラリアでよく見かけるストリート・アートのご紹介です。

このポスター「AUSSIE」は、アデレード出身のアーティスト、ピーター・ドリューによって2016年に製作されると同時に、彼は国内の主要都市の壁にこのポスターを貼りまくるというキャンペーンを行いました。AUSSIEとは、「オーストラリア人」という意味。今でこそオーストラリアは、世界で最も文化的に多様な多民族国家として知られていますが、1901年から1973年までは「白豪主義」という政策が敷かれ、移民できるのは白人(主にイギリス人)だけで、他の人種の人たちは、たとえ移民できても差別的な処遇を受けていました。そんな中で、例外的に移民が受け入れられた人たちがいました。それは、ラクダ引き、鷹匠、行商人という当時のオーストラリア経済の発展には欠かせない人たちでした。このポスターに描かれている男性は、当時の白豪主義を生き延びたインドの行商人モンガ・カーンという人です。

アートワーク「AUSSIE」は、シリーズとなっていて、他にもカーンのような境遇の人たちがたくさん描かれています。オーストラリアの歴史の闇に葬られそうになっていた彼らの功績を掘り起こし讃えるため、そしてオーストラリア人とは誰なのか、ということをこのアートは問いかけ続けています。


オーストラリアからの英会話レッスン
「はじめまして!の英会話」
毎週月曜日19:30~20:30
随時、入会受付中!

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA