Blog

突然の嬉しいお手紙

【突然の嬉しいお手紙】

昨日、
手紙が届いていました。

 

 

見覚えのある
懐かしい文字。

送り主は、
長谷川さんという女性。

思わず、
「わぁ!懐かしい!」

と声が出てしまいました。

長谷川さんは、
13年前に
一緒に手作り絵本を
作った女性です。

 

絵本
「こわいくんと、
よわいさん」

文章はわたし、
絵は長谷川さんです。

当時担当していた
情報番組の取材で
実際に会った
二匹の「捨て犬」
が主人公。

 

その頃は、
年間に熊本県だけで
数千匹の犬達が
人間の身勝手な都合で捨てられ、
処分されていました。

そこで、
子ども達に伝えたいと
思って物語を書いてはみたものの
わたしは絵が苦手。

そんな時、
視聴者の
長谷川さんが

「わたしは、今は動物が飼えないけど、
お手伝いさせてください」

と絵を担当して下さり
一緒に絵本を作成

小学校などで読み聞かせをしました。

 

あれから13年が経ち、
突然届いた手紙。

私の講演会の
ポスターを
職場で見かけて
懐かしくなり
筆をとってくださったとのこと。

手紙には
「今は念願だった
保護猫達と
暮らしていて
幸せをもらっています!」
と書かれていていました。

久しぶりに
引っ張り出してみた
手作り絵本。

 

動物大好きな
長谷川さんの絵は
今見ても優しいタッチで、可愛い♪

長谷川さん、
嬉しいサプライズを
ありがとう
ございました。

また、
この絵本で
読み聞かせしたいです。

#ヒトコト社
#伝える仕事
#絵本
#こわいくんと、よわいさん
#保護犬たちの物語

 

 

 

 

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA