Blog

ソーシャルワーカーディ2018

ソーシャルワーカーディ2018に

参加しました。

熊本地震を振り返っての発表。

みなさん一様に

「あの時もっとこうしていれば。」

「普段からのコミュニケーションが大切」

とおっしゃっていました。

医療ソーシャルワーカー、社会福祉士、

精神保健福祉士の3つの団体がさらに連携し

災害弱者と言われる人達に

どう対応するか、話し合われました。

そして、支援者としてだけでなく、

被災者としての「受援力」(様々な援助に

どう対応するか)を高めることの課題も

出てきました。

これは、どんな災害が起きた時にも

言えることかも知れません。

お世話になった皆様と。

わたしも、とても勉強になりました。

いつも「傾聴」し、人と人を繋ぐ

ソーシャルワーカーの皆さま。

ありがとうございました。

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA