Blog

美しいマダム

通称マダム。

医療現場で、薬剤師として、

またがん患者さんたちの声を聞く

カウンセラーとしても活躍され

患者さん達との悲しい別れも

幾度となく経験されてきました。

がん患者さん達に食を通して生きる喜びを

感じてもらうイベント「最期の晩餐」で

ステージに立つマダム。

優しい語りかけで多くの患者さん達の心に

癒しを与えてきました。

そして、

そんなマダムご自身の肺腺がんが

分かったのは熊本地震の後でした。

ステージ4。データ上では末期がんと

いわれる数値です。

その後、マダムから

「医療者として、ひとりの女性、人間としての

自分の変化をカメラで記録してほしい」と頼まれて、

私、最初は正直悩みました。

私にとっては

大好きなお姉さんのような存在のマダム。

弱っていくかも知れない姿をカメラに収める

ことが果たしてできるのか、

もし、何かあった時に冷静でいられるのか、

色んな事を考えると

どうしていいか分からなくなるからです。

でも、マダムの想いを伝えたいし、やっぱり

側にいたいから、撮ることにしました。

今は、治療や日常生活の中でのマダムの

想いなどを少しずつ、記録しています。

現在、がんが脳に転移をしていて

放射線の全脳照射をするため、髪を短く切る

ことになったマダム。

今日は、美容室についていきました。

髪が少しずつ、短くなっていきます。

最初は少し硬い表情だったマダムですが

だんだん、表情が柔らかくなっていきました。

「もちろん、今までかなり色んな事を悩み、

苦しんできたけど、

これから髪が抜けていくのを待つより、

今の自分の状態でできる事を積極的に

やることに決めたから、スッキリしたわ」

と笑顔で話すマダムは、本当に綺麗だと

しみじみ思いました。

今日もついていって良かった。

眉をしっかり、赤い口紅をひいて。

美しいです。

そして、

ウイッグにも挑戦。

可愛い!色んな表情を見せてくれる

お茶目なお姉さん。やっぱり憧れです。

これからも沢山の顔を見せてください。

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA