Blog

馬のために命を捧げる女性 オープンセサミ・百瀬由香さん

南阿蘇にある養老牧場
オープンセサミ
代表百瀬由香さん。

 

 

オープンセサミでは、
競馬やホースセラピーなどの
仕事を引退した馬

 

卵を産むバタリーケージで
弱って他の鳥たちに
潰されそうになっていた
ニワトリ

 

捨てられた猫

 

足が弱って
動けなくなっていた豚など

 

動物100匹以上を
ボランティアで
保護しています。

 

 

代表の百瀬さんは
午前6時ごろから
夜10時ごろまで

 

餌やり、小屋の掃除、
病気の動物のケアなど
365日忙しく過ごしています。

 

百瀬さんの
ボランティア歴は
なんと40年以上!

 

 

14歳から、
馬達を助ける
ボランティアを
しているんです。

 

それは、

騎兵隊の教官だった
おじいちゃんを持ち、

ゆりかごがわりに
馬の背中に揺られていた
幼少時代からの
馬達への想いからだそう。

 

 

「自分はなんで、
馬じゃないんだろう」

 

と思った子ども時代。

 

「自分が人間の形に
生まれてきたのは
馬たちの役に立つため」

 

と決心した少女時代。

 

そして、いまは

 

「動物たちの
守護神になりたい」

 

と何十年も
想いがぶれることなく
奔走されています。

善意の募金や
ボランティア活動で
成り立っている
オープンセサミはいつも、
人も、お金も、
足りない状況。

 

 

先日は
老朽化した厩舎を
建て替える
クラウドファンディングに
挑戦中、

台風で馬小屋が
倒れてしまうという
アクシデントも。

 

オープンセサミのこと、
そこで暮らす動物達のこと、
百瀬さんのこと、

ひとりでも多くの方に
届きますように。

 

10月9日日曜日
午後2時30分からの
RKKラジオ
村上美香のヒトコト
聴いてください。

 

オープンセサミのFacebook
↓↓↓↓↓

 

https://www.facebook.com/inochi.tumugi

クラウドファンディングの活動はこちら
↓↓↓↓↓
https://camp-fire.jp/projects/view/613796

Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA